1959年から続く、化粧品老舗メーカーであるちふれから発売されている、1品で化粧水、美容液、乳液、クリーム、パック、化粧下地と
6つの役割をもったオールインワンジェルです。ちふれといえば、なんといってもそのコストパフォーマンスの高さが魅力。この商品も108g 入ってなんと800円(税抜)という驚きの安さです。詰め替え用もあり、こちらはさらに安く700円なので、二回目からはこちらのほうがオトクですね。

 早速使ってみました

ちふれ うるおいジェル パッケージ

パッケージはピンクの箔がついたポップアップが華やかな印象。

ちふれ うるおいジェル パッケージ正面

写真だと少しわかりづらいですが、「化粧下地」「クリーム」が載っている円形の部分がエンボスになってます。定価800円でパッケージにここまで凝るとは…脱帽。

ちふれ うるおいジェル パッケージ裏面

パッケージの側面です。問い合わせ先にはフリーダイヤルもあり、安心できますね。

ちふれ うるおいジェル 成分表

パッケージ裏の保湿効果の図解と、成分表です。加水分解ヒアルロン酸、トレハロース、オウゴン根エキスが効果的な成分のようです。オウゴン根エキスは聞き慣れない成分なので、調べてみると、「オウゴンエキス(コガネバナエキス)は、コガネバナの根である黄芩(オウゴン)から抽出して得られるエキスです。抗炎症作用・抗アレルギー作用・チロシナーゼ阻害作用・抗菌作用・収れん作用・紫外線吸収作用・フリーラジカル消去作用があり、化粧品に広く配合されています。肌荒れを防ぎ、保水力のある肌に整える目的の化粧品に配合されます。皮脂分泌の原因になる男性ホルモンを抑制し、ニキビなどの肌トラブルを防ぎ、無駄毛予防する効果もあります。」(化粧品 知っトク情報・資料館 http://cosmetics-suhadabizin.com/archives/50957869.htmlから引用)とありました。紫外線を吸収!?フリーラジカル(活性酸素)除去!?なかなかすごい成分のようです。敏感肌にも安心して使えるようで、まさにいいことずくめの成分ですね〜。知らなかった。
また、ここは成分表の作り方が特徴的です。一つ一つの成分をそれぞれ役割別のカテゴリに分け、配合量まで詳しく書いてあるのはここの商品以外見たことがありません。なんでもちふれは「肌には知る権利がある」とし、業界に先駆けて、化粧品の成分内容と分量を全商品に表示するという試みを1978年から行っているのだとか。近頃は無添加とうたいつつも不透明な成分を使用するメーカーが多い中、ちふれのお客様にウソをつきたくない、という姿勢は非常に好感が持てます。

ちふれ うるおいジェル パッケージと容器

パッケージから容器を出したところ。パッケージと一体感のあるピンクのグラデーションを使い、フタの淵部分には銀の箔となかなか凝ったつくり。

ちふれ うるおいジェル中身

中身は乳白色のとろみのあるゲルでした。スパチュラは入っていません。

ちふれ うるおいジェル中身をすくったところ

清潔なスプーンですくってみたところ。やわらかめで、ジェルというよりはクリームといった感じ。

ちふれ うるおいジェルを肌にのばしたところ

肌に伸ばしてみたところ。テクスチャは柔らかく、のびは良いです。しばらく置くとしっとりしてきますが、少しベタつきは残る感じでした。メイク前には少量を使う、と書いてあったので、朝はベタつかない程度に加減して使ったほうがよさそうです。この商品を使ってみて、特に効果を感じたところはないのですが、これと同じような使用感や成分で2倍以上の値段がする化粧品はたくさんあるので、それならこっちを使った方が良いのでは、と思います。むしろ、これぐらいの値段でも同じような商品ができるのに、いかにメーカーが利益を上げるために値段設定を高くしているかが浮き彫りになりますね。