肌のトラブル思春期ニキビと大人ニキビ

思春期のころから顔の目立つ部分に現れては消えるニクいやつ「ニキビ」。鏡を見るたびに憂鬱になるし、ついつい触ってしまって余計に炎症がひどくなったりした経験がある方も多いのでは?以前は「ニキビ」と呼ぶのは10代の思春期のときまで、それ以降は「吹き出物」と呼ぶなどと言われ、自分はニキビを吹き出物と呼ばないといけない年なのか、と妙に年をとった気分になったものでしたが、そもそも思春期の時にできるニキビと大人になってからできる「大人ニキビ」は何が違うのでしょう。

大人ニキビの症状

思春期の時にできるニキビは額から頬にかけてのいわゆるTゾーンに出来やすかったのに対し、大人になってからのニキビはそうではない場合も多いです。

  • 口の周りやあごの周辺にニキビができる
  • 生理前になるとよくニキビができる
  • 赤くポツポツとしたニキビが出来ては治り、出来ては治りを繰り返す
  • どちらかというと油分は少なく、カサつくような乾燥したニキビがよくできる

こんな症状のある方は大人ニキビかもしれません。

Tゾーンにできる思春期ニキビは主に過剰な皮脂が毛穴を塞いでしまい、炎症を起こすことが原因で、毛穴につまった皮脂を取り除き、常に清潔にしていれば治るとされています。生まれつきオイリー肌で大人になっても皮脂の分泌が多いためにニキビができる人もいますが、それ以外の肌質での大人ニキビの原因は主に「古い角質の蓄積による毛穴のつまり」「肌の乾燥による角質の肥大」です。

様々な原因で肌の代謝が悪くなり、ターンオーバーが乱れることで洗顔などで落としきれなかった古い角質が毛穴を塞いでしまいます。また、ターンオーバーの乱れは毛穴を塞ぐ角質を厚くするためその部分は硬くなり、乾燥を招いてしまいます。塞がった毛穴にはバクテリアが繁殖しやすい状態となり、そこに皮脂を好むアクネ菌が大繁殖すると毛穴が炎症を起こす=ニキビができる、ということになります。

大人ニキビの原因

では、肌の代謝の低下はどのような原因から引き起こされるのでしょうか。私たちの生活習慣にその原因は潜んでいます。まず、現代人につきものの「ストレス」や「睡眠不足」。これらによってホルモンバランスが乱れ、肌のターンオーバーが滞る原因となります。特に女性の場合、排卵後から生理前の期間の肌は不安定になりやすく、皮脂が過剰に分泌されることからニキビができてしまう人も多いようです。この時期はなるべく無理をせず、睡眠を多く摂ったりバランスの良い食事を心がけることが大切です。

他にも「便秘」「喫煙」や「過度なダイエット」、「冷え性」など様々な原因がありますが、知らず知らずのうちにやってしまいがちなものが「おざなりなメイク落とし」。ついつい面倒になってきちんとメイクを落とさないと、メイク汚れが毛穴に蓄積され、炎症を起こしてニキビの原因となります。ただし、汚れを落とそうとゴシゴシ洗顔するのは間違い。本来お肌に必要な潤いまで取ってしまうと大人ニキビの主な原因の一つである乾燥を引き起こしてしまいます。洗顔は1日に多くても2回目までにとどめ、洗顔後は必ず化粧品で保湿するようにしましょう。

大人ニキビに最適な基礎化粧品

大人ニキビの原因である乾燥を引き起こさないためにも、お肌を保湿してくれる化粧品は非常に大切です。大人ニキビに悩む人にぴったりなのが「新アクネレスシリーズ Wニキビセット」。皮膚の専門医が作ったDr.シーラボのメディカルコスメだから、なんといっても安心、安全。オールインワンゲルの第一人者であるDr.シーラボだから出来る、ニキビ肌専用のゲルです。ニキビケア用品では洗顔料や化粧水の商品はよく見かけますが、ゲルは珍しいのでは。「黒+白」の2本のゲルのW使いで目的に合ったお手入れが出来ます。まず、黒のゲルはアクネ菌を寄せ付けない肌環境を作るベースとして。なんと薬用の炭が入っており、これが余分な皮脂を吸収してくれます。抗菌成分感光素201号やサルチル酸配合でアクネ菌、常駐ニキビを防いでくれます。次に白の保湿ゲルでお肌の皮脂と水分のバランスを整えます。海洋性コラーゲンやヒアルロン酸、6種のビタミン配合で皮脂バランスを整え、さらにアルブチンでニキビ跡の色素沈着を防ぎます。ニキビ跡のケアもできるのはうれしいポイントですね。背中や胸元のニキビにも使え、男性にもおすすめです。