イヤ〜なジメジメ、なんだか肌の調子も悪いみたい…

スキンケアイメージ

梅雨の時期、ジメジメした日が続くと気持ちが滅入りがちですよね。湿気のせいか、なんだかお肌もベタついたり、テカったりしてしまったり、他の時期は大丈夫なのに、汗や湿気でいつものメイクがすぐに崩れてしまう…。辛い梅雨の時期には肌トラブルも多くなりがちですが、適切なスキンケアを行うことで、イライラせずに梅雨を乗り越えましょう!

 梅雨の時期の紫外線

気温の上昇に伴い、汗や皮脂の分泌も増えてくるのがこの時期。皮脂は肌のうるおいを保つためには欠かせないものですが、そこに湿気も加わり肌がベタつくと、かゆみなどが起きやすくなります。特に6・7月は一年のうちでもっとも皮脂量が多くなりますが、過剰に分泌された皮脂を放っておくと、吹き出物や肌荒れを引き起こす原因になってしまうこともあります。
また、紫外線の影響も無視できません。雨や曇りの日が多い6月ですが、実は晴れている間の紫外線の強さは、真夏と同等かそれ以上なのです。雨の日は、晴れの日に比べれば降り注ぐ紫外線の量は少なくなりますが、日焼けを起こすUVB波が若干弱いだけで、蓄積するとしわの原因になるUVA波は降り注いでいますので、天気にかかわらず毎日のUVケアは怠らないようにしましょう。

 

しっかり洗顔で肌をリセット!

この時季特有の肌悩みを解決するには、お肌の皮脂をコントロールすることが大切です。そのためはしっかりとクレンジングし、ていねいに洗顔することです。時間が経って酸化した皮脂は肌を刺激し肌荒れやニキビを引き起こす原因になるため、帰宅後はできるだけ早くクレンジングをして、肌を素の状態にリセットしましょう。
そして、基本となる洗顔はしっかりと丁寧に行います。泡立てネットなどを使って十分に洗顔料を泡立て、脂性肌の人は全体を2回。皮脂の多いTゾーンや小鼻のテカリが気になるようなら、部分的に2回洗いするのも良いでしょう。

 

実は乾燥しやすいこの時期…保湿にも気を配ろう

またこの時期は、皮脂や汗でべたついたり湿気が多いため、一見肌も潤っているように感じますが、実は冷房や除湿、紫外線などの影響で乾燥しやすくなっています。保湿はしっかりと行い、肌が必要以上に皮脂を分泌しないようにしましょう。メイクは崩れやすいところにファンデーションをたくさんつけすぎないようにし、必要に応じてフェイスパウダーを併用するとよいでしょう。連日のジメジメで気分が憂鬱になりがちなこの季節ですが、肌だけでもサラサラに保ち快適に梅雨を乗り切りたいですね。